新谷直也☆Re-START☆MTB XCO挑戦日記

憧れ

Yahooニュースで知ったんですが第62回朝日駅伝(福岡市~北九州市)が今年で最後だったんですね。
自分自身走った経験は無いんですが、また一つ伝統のある駅伝が終わってしまいました…残念。
全日本実業団駅伝、朝日駅伝、中国駅伝と日本3大駅伝の一つでした。

中国駅伝(福山市~広島市)ですが、この大会も1995年、朝日駅伝と同じ第62回大会が最後でした。もし今でも行われていれば今年72回目を迎え、箱根駅伝に次ぐ伝統のある駅伝になります。

実はこの中国駅伝は自分が陸上競技を始めるきっかけになった大会なんです。
スタートは福山市の中国新聞福山文化会館前でゴールは広島市の広島平和記念公園前の8区間107.5kmで、アップダウンの多いコースです。

この中国駅伝を小学3年のとき見に行き、沿道から多く人の応援を受け物凄いスピードで駆け抜けて行く選手を見て、
「すげぇー、かっこいい!」
と思ったのを今でも覚えてます。
それをきっかけに地元のランニングクラブに入り走り始めました。

で、まだ続きます。

小・中と走り続け高校一年、1995年第62回大会になんと我が高校の出場が決まったんです。
当時の練習日誌を見ると大会は1995年1月29日。

自分の高校は年明け3日から約一週間、全国の強豪校が集まるNKK合宿に毎年参加しています。
この合宿の二日目に肺気胸になってしまい約二週間練習が出来ずメンバー入りは絶望的でしたが、なんと6区10.1kでエントリーされたんです!

当時の興奮は練習日誌を読んだ今でも伝わって来ます。
6区中継所に憧れの実業団選手に、選手として並び、同じ舞台に立ってること!小3の時、沿道で見た駅伝を今自分が走っていること!全てが最高の舞台でした。

結果は5区のランナーから襷をもらう事も、7区のランナーに襷を渡す事も出来ず、チームとしても67チーム中67位と最下位。

第62回中国駅伝、最後の大会はカネボウが優勝のテープを切り、自分達の高校のゴールで62回続いた中国駅伝の幕を閉じました。


自分がそうであった様に、自分が走る姿を見て陸上、走ることを始めた子供達は沢山居ます。

そして今、子供達に目標とされるそんな選手になりたい。



by naoya_no1 | 2011-01-11 12:15

新谷直也MTB XCO挑戦日記
by naoya_no1
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

We believe in ..
at 2015-02-05 19:16
We believe in ..
at 2014-12-25 11:16
おはようございます。
at 2014-07-20 08:13
全日本に向けて③
at 2014-07-16 15:21
全日本に向けて②
at 2014-07-15 17:54

ファン

ブログジャンル

画像一覧