新谷直也☆Re-START☆MTB XCO挑戦日記

Jシリーズ J2木島平 レースレポート

期日:2013/6/16
場所:長野県木島平クロスカントリー競技場
天候:晴れ
距離:4.3km×7Lap、30.1km
クラス:エリート
結果:13位/46名出場(完走15名)

使用機材:GRAND CANYON SLX29
タイヤ:前後 FAST TRAK 空気圧前後1.8bar

ドリンク:Emv-lite、アミノバリュー4000
補給:Emvジェル、SAVASピットインリキッド

J2木島平、この大会は毎年ほぼフルメンバーが参戦しJ2の中でも盛り上がるレースの一つ。
6月開催のこのレースはこの時期独特の湿度と気温にやられる選手が多い。
d0203753_17353387.jpg
コースは一周500m程の舗装路のトラックを走りダブルトラックの上りへ、その後ややテクニカルな区間を走り、シングルとダブルトラックのアップダウンを通過するとフィードエリアへ。中盤区間は森の中のシングルを二箇所とダブルトラックのアップダウン。後半区間は斜度のきつい直下のダウンヒル後、少々長いダブルトラックを上り、メイン会場の舗装路トラックへ戻る1周4.3kのコース。

前日試走では走行ライン、シフトタイミング、タイヤの空気圧を入念にチェック。
試走を終えた昼過ぎに予報通り雨が降り始めた。

〜レース当日〜
エリートクラスは13時40分スタート、7周回。
10時前に会場に入りスポーツクラス、エキスパートクラスの応援とコースコンディションのチェック。
明け方まで降り続いた雨の影響は殆ど感じられなかった。

ステージングは20番コールの3列目、中央に並んだ。
d0203753_17353469.jpg
定刻通りレースはスタート‼
スタート直後の舗装路区間は落車に注意し、ダートに入った所で順位を上げる。
15位前後で一度落ち着きレースを進めるが身体にキレは無く2周目を終えた地点ですでにいっぱいいっぱい…。
d0203753_17353552.jpg
レースを振り返っても3周目が一番苦しかった。
更に気温の上昇と共に湿度も上がり体力を奪われる。
いつも以上に細かな補給を意識し、オフィシャルフィードでは頭から水をかぶり気持ちをリフレッシュさせる。
d0203753_17353691.jpg
前半は我慢のレース展開だったが中盤以降は動きにリズムが出てきた。
#1朽木大会、#3富士見大会では後半脚が攣りペースを上げられなかったが今レースは対策をしていた為しっかり動いてくれた。(これは全日本に向け大きな収穫だった)
徐々に9〜14位の選手がハッキリと見える様になり、佐藤選手、國井選手(Mile Post Racing)の12位パックを捉えラストラップへ。
d0203753_1735399.jpg
早々に佐藤選手が後退。國井選手と12位争いをするもあと一歩及ばず13位フィニッシュ。
1時間43分55秒のレースだった。

7/20に行なわれる全日本選手権に向け課題と収穫の多い遠征となりました。

心技体を一度リセットし、7/20に向け取り組みたいと思います。

今大会も沢山の応援、本当にありがとうございました。

Photo by Naomi Kuniyoshi


Pizza VOICE

プリンスビル歯科

MonaVie

ジオハウジング

轍屋自転車店

CANYON Bikes



by naoya_no1 | 2013-06-19 14:13

新谷直也MTB XCO挑戦日記
by naoya_no1
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

We believe in ..
at 2015-02-05 19:16
We believe in ..
at 2014-12-25 11:16
おはようございます。
at 2014-07-20 08:13
全日本に向けて③
at 2014-07-16 15:21
全日本に向けて②
at 2014-07-15 17:54

ファン

ブログジャンル

画像一覧