新谷直也☆Re-START☆MTB XCO挑戦日記

2014年 04月 07日 ( 1 )




J2 緑山 レースレポート

期日:2014/4/6
場所:TBS緑山スタジオMTB特設会場
天候:曇り/雷雨
距離:2.3k×11周回(レース中6周回へ変更)
クラス:エリート
結果:16位/42名

使用機材:GRAND CANYON SLX29
タイヤ:前後 MAXXIS IKON 1.6bar


2014年シーズン開幕戦となるJ2緑山スタジオに参加してきました。

春の嵐か爆弾低気圧の影響で週末の天気は大荒れ予報。
予報は的中し大荒れのレースになった。

コースは例年通りタイトなコーナーの連続。
所々木の根が剥き出しておりバイクコントロールと、いかに疾走させないか!がポイントとなる。
またこの緑山のコースは8割がシングルトラックと抜く場所が非常に少ないためスタート後、ストレートでの位置取りがかなり重要になってくる。

今大会の会場TBS緑山スタジオは自宅から30分と好条件。
3〜4日前から体調を崩しておりレース当日はギリギリまで自宅で過ごしアップを兼ね自走で会場に向かった。
会場に着くとどんより曇り空で今にも降り出しそうな雰囲気。
気温もかなり低いためスポーツバルムレッドを塗り込みステージングへ。
d0203753_2293872.jpg
ステージングは26番コールの三列目左端に並ぶ。
14時〜定刻通りレースはスタート。
d0203753_2293850.jpg
位置取りも重要だが、とにかく落車には最善の注意を払い走り、20位前後で一旦落ち着く。
思う様にジャンプアップは出来なかったようだ。

リズム良く前を追いたいところだが、気持ちとは裏腹に身体が全く反応してくれない。
d0203753_229391.jpg
苦しい訳でもなく力強さが全く感じられず二周目には練習仲間の橋口選手に先行されてしまう。

「レースは始まったばかり、焦ることない」と自分に言い聞かせ集中力は切らさないよう走る。
d0203753_2294119.jpg
コース脇では沢山の応援が聞こえる。
轍屋・鏑木店長からの的確な指示、チーム監督の上原さんからのタイム指示、今回フィードを担当してくれた三瓶、そして練習仲間や関係者の檄が追い風となり三周目から徐々に順位を上げて行く。
しかしその頃から雨脚、雷が強くなり路面コンデションはみるみる悪化。
d0203753_2294147.jpg
周回を重ねる毎に順位を上げ5周目には18位辺りまであがりリズムが出来てきた所で突然の周回数の変更。
11周回→6周回。
いきなり言われたラスト一周。
落胆する気持ちを切り替え最後まで集中力は切らさず走り16位でゴール。

少し残念な結果になりましたが、現状出来ることはやれたかなと思います。

コース脇では沢山の応援、本当にありがとうございました。

次戦は4/13、J2菖蒲谷です。

良い報告が出来るよう、先ずは体調を整えます。

Photo by 伊東さん



by naoya_no1 | 2014-04-07 20:05

新谷直也MTB XCO挑戦日記
by naoya_no1
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

We believe in ..
at 2015-02-05 19:16
We believe in ..
at 2014-12-25 11:16
おはようございます。
at 2014-07-20 08:13
全日本に向けて③
at 2014-07-16 15:21
全日本に向けて②
at 2014-07-15 17:54

ファン

ブログジャンル

画像一覧